マーガレット・ジョセフィン MARGARET JOSEFIN ページの先頭です

 

HOME > 会社情報 > 企業理念

企業理念

「natural circulation」

マーガレット・ジョセフィン・ジャパンのシンボルマークは、自然界の秩序とシステムを構築する「循環」をテーマとしたものです。 有機的なフォルムにより、カタチづけられるこのシンボルマークは、命をつなぐ血液の流れのように、ヒトと暮らしに健康で快適な環境が永遠に広がるイメージを視覚化したものです。 マーガレット・ジョセフィン・ジャパンの心が、この理念のシンボルと共鳴して、社会へと響いていくイメージを重ねたものです。

「経営理念」われわれは人々に美と安全を提供すると共に、豊かな生活環境を創造する企業である

すっきりしたさわやかな朝を迎える。三度の食事がおいしい。 少しカラダを動かしたくなる。スケジュールが予定通りにこなせる。 お風呂に入ってさっぱりする。身近な人と会話が楽しめる。 夜、ぐっすりと眠れる。 それぞれは毎日、何らかの形で私たちの生活の中に存在しているシーンであり、当たり前でごく平凡なシーンとも言えます。

しかし、この平凡なシーンを享受できなくなるのは簡単です。 例えば、疲れがたまっていれば朝、目覚めるのがつらくなるでしょう。目覚めがつらいほど疲れていれば体を動かすのはつらくなるでしょう。一日のスケジュールをこなすのもつらくなるでしょう。 今や国民病のアレルギー「花粉症」の時期なら食事の味はわからなくなるでしょう。もうひとつの国民病「アトピー」ならお風呂に入って 石鹸やシャンプーを使うのは苦痛でしょう。

平平凡でいることは現代社会の中では簡単でないことが多いのです。だからこそ、生活の中の「偉大なる平凡の営み」をお手伝いできる商品を提供していきたい。

低刺激で誰もが安心して使えるシャンプー、石鹸。 界面活性剤を使っていないハミガキ。 肌に優しい本物の基礎化粧品。 今までありそうでなかったものではないでしょうか。

現状に満足せず本当に良いものを常に追求し、研究し、提供し続ける。老若男女関係なく、誰もが持っている権利「偉大なる平凡の営み」を生活の中に取り入れることが出来る商品を創造し続ける。 それが、私たちマーガレット・ジョセフィン・ジャパンの企業理念です。

代表取締役 岡崎 太

洗うシーンを-科学する

「洗う」とは、単に汚れを洗い流すということだけではなく、より美しく綺麗に「洗う」、髪・顔・身体を「洗う」、息を「洗う」、ココロを「洗う」など様々な切り口があり、突き詰めて行くとそこにはそれぞれプロのノウハウが存在します。
それは、洗浄成分などの商品開発ノウハウはもとより、TPOに応じた洗い方や視覚(色)・嗅覚(香り)など五感を取り入れた洗い方など、スペシャリストだけが持ち得る手法なのです。 マーガレット・ジョセフィン・ジャパンは、皮膚科医・歯科医・薬剤師・栄養士・美容師・カラーセラピスト・アロマセラピストなどとの提携を図り、情報を収集し、独自のノウハウを構築することで、他の追随を許さない「洗う」ことのエキスパート企業を目指しています。

「開発コンセプト」お客様の「悩んでいること・困っていること・諦めていること」の見直し

笑うこと、泣くこと、歩くこと、食べること、夢をもつこと−これらは全ては私たちにとって「当たり前のこと」です。私たちは、この「当たり前」という平凡の「豊かさ」について考え、悩んでいること、困っていること、諦めていることを見直し、「洗う」という方法で、解決のお手伝いができるような商品の開発に努めていきます。そのため、一般的な商品だけではなく、口臭などのコンプレックスへ繋がる悩みにも、積極的にアプローチし、諦めてしまいがちな悩みと真剣に向かい合い、「平凡=0(ゼロ:負荷のない状態)」へとサポートできるような商品を提供し続けていきます。

このページの先頭へ